ニュース

新着情報

コロナなんて目じゃないマリオネットライン!グリーンピールメラウェーブトリートメント1DAY

最終更新日: 20/07/18

久々にしっかり顔をみたら…法令線が‼︎

口角から法令線の影が…

法令線を撃退するべく…久々にグリーンピールを!

今回行うグリーンピールは、

久々のメラウェーブ1DAY!です。

ケアは24時間だけでよく、美白製品を使うんです。

ハーブの後に、美白のマスクをして浸透率がアップ⤴️

美容家金福が本格的に美容月間を作ってケアをスタートさせました♡

#初日目

#グリーンピールメラウェーブトリートメント1day

母に何かしたの?顔が小さくなった!と言われました♡

さすがグリーンピール♡

コロナウイルスが流行するからこそ!

最終更新日: 20/03/04

花粉が飛ぶこの時期、春のお肌は危険信号!!

国際セミナーでも、日本では3人に2人は敏感肌と言われています。

また、花粉症は3人に1人。
既に症状が出ている方も沢山。

花粉対策をしても治まらない

仕方なく薬を服用。
毎日が鼻水、鼻詰まり、目のかゆみで憂鬱な状態で過ごしている。

そんな状態を緩和してくれるそれがグリーンピールです。そう体内にアレルギーに対する抗体を作ってくれる。それがグリーンピールなんです。

グリーンピール

化粧崩れ、肌あれそんな症状にアプローチすることが出来る。

数々のクライアントからグリーンピールをすることで花粉症が出なくなった。

そんなお声が多いのは、グリーンピールが血管内で抗体を増やすからです。

春のお肌の代謝の特徴としては

そして春は桜が咲く時期。新緑が芽吹く。そう 体も同じです。新陳代謝が活発になり、
肌は亢進期を迎えるんです。ホルモンの分泌もアップ。

神経系としては

副交感神経が高まり、血管が拡張、皮膚表面では、皮脂や汗の分泌も増えてきます。

クレンジングや洗顔の見直しが大事に。
お肌は汚れやすく敏感になりはじめ、アレルギーを引き起こしやすくなってくるんです。

だからこそサービス美顔を3月は行います!

※お化粧品を1品ご購入頂くと美顔ケアがプレゼント!

サービス美顔についてはこちらをクリックしてください。

体調が一種の緊張状態にはいり、自律神経が乱れ、不眠やストレス、代謝機能が低下し、皮膚も含め体そのものが敏感になってしまう時期だからこそ必要なケア。

花粉に加え、春の3月、4月になると、カブレや吹き出物などのトラブルが発生しやすいのは、このような体調の変化に関係してるんです。

皮膚が外界の異物に反応しやすくなっているんですね。                    

肌の状態が敏感になっているところへ、
老化の一番の要因「紫外線」も いっきにどんどん強くなってくるので、
スキンケアには細心の注意や見直しが大事です。

花粉に伴う敏感肌(ゆらぎ肌)の原因には、春の季節 特有の理由があった!

1. 気温差と空気の乾燥

寒暖差も多く、気圧変化も激しい。 移動性高気圧は乾いた空気 を持ってくるので冬と同じ状態へ。

2・紫外線の急増

紫外線量がいっきに増しますので。

お肌のハリや弾力のを作り出す細胞にダメージを与える・・・紫外線A波(真皮に届く)いわゆる、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生産量に関わってくるのです。

特に紫外線A波(真皮に届く)は、春が一年で最も強いんです。

メラニンを増やしてシミの原因を作る          ・・・紫外線B波(表皮に届く)

3・環境の変化によるストレス

生活環境の様々な変化、引っ越し、部署の配置換え、転職、子供の入園・入学など、生活の変化がストレスの原因となります。
そして不安定な気温・気候がストレスの原因となることもあるので、
ストレスがホルモンや自律神経を乱れさせ、敏感肌を引き起こす要因へ

4・花粉による外部からの刺激

春は花粉の飛散量が増えるので、花粉症のかたは、
くしゃみや目の痒みなどのアレルギーを起こすことがあります。
お肌の上でも同じことが発生、アレルギー反応として、かゆみ、湿疹、かぶれ、
乾燥、赤みなどの肌トラブルが。
お肌が乾燥すると弱酸性が保てなくなってしまい、アルカリ性に傾いてしまいます。お肌に必要なクリーム(日焼けどめ)で保護が重要です。

3月は中からのケアはグリーンピールで、外からの保護は正しいスキンケアで沢山の方の笑顔が生まれたら嬉しく思います!

安全性は高いけど配合量は気にかけて(BG)ブチレングリコール

最終更新日: 19/11/02

保湿効果のある成分でありながら、さらっとべたつかない成分。

それがBGです。

【お肌効果としては】

吸水性と保水性があり、水とよく馴染んで角質に潤いをもたらします。

肌のキメを整える効果もあり。

【 化粧品は使い心地としては】

テクスチャー調整に使用されます。

直物エキスを溶かす抽出溶媒としての働きや、菌をおとなしくさせ、育ちにくい環境を作ります。

【作用としては】

静菌作用♪

種類にもよりますが、10%の配合で防腐剤の効果も得られます。

エイジングケア化粧品によく使われる成分で、刺激もほとんどなく、安全性が高くアレルギーの報告はほとんどないとされます。

【敏感肌には注意が必要】

アトピー性皮膚炎の場合、反応を起こす可能性があります。

特に、防腐剤無添加で【BG】の静菌作用を発揮させてるのは15%以上の高濃度配合になりますから、注意も必要です。

無添加をうたっいる化粧品に静菌作用として、防腐剤の代用として高配合されてますが、それが原因で荒れることもあるんです!

美肌を保つ、作る為に絶対知って欲しいこと

最終更新日: 19/09/08
スキンケア

肌のPH(ペーハー)とは?

これは、液体が酸性かアルカリ性かをみる目安となる数値です。

皮脂バリアのPHを測るものです。

健康な肌はペーハーが4〜6.5くらいの弱酸性。

ですが、アルカリ石けんなどで洗うと、一時的にお肌はPH10くらいのアルカリ性に傾きます。

しかし、お肌には中和能という、もともとの弱酸性に戻る働きがあります。

健康な肌なら3時間くらいでPHが戻ると言われてます。

ところが、洗剤をよく使う人や、毎日しっかりまめに洗う人、敏感肌やニキビ、アトピー性皮膚炎などが原因で、肌の中和能の力が落ちている場合があります。

これは肌の洗いすぎや、なんらかの原因で皮脂バリアが少なくなるからです。

肌を毎日守る常在菌

皮膚常在菌とは、肌の上に住む目には見えない微細な菌のこと。

別名、皮膚定住菌。

表皮ブドウ球菌をはじめ、アクネ菌、酵母の一種などが存在します。

常在菌は害になるものではなくて、むしろ肌を守る働きがあります。健康な肌の上に多く住んでいます。

常在菌は肌を害する菌類の付着や増殖を抑えると考えられています。

また、肌の角質の水分や塩分、皮脂、細胞間皮質などを相互作用して、様々な外部の刺激から肌を守る働きがあります。

肌の上には、常在菌以外に環境や人の健康状態などによって一時的に定住する菌もいます。

これは、通過菌と呼ばれます。

この菌も健康な人の肌から検出されることが多く、広い意味では常在菌の一つとして考えられます。

通過菌は、主に大腸菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌など。

黄色ブドウ球菌は増加すると肌の炎症の悪化や、バリア機能を、低下させますが、常在菌が元気な健康な肌ではおとなしくしているそうです。

また、常在菌は、洗い過ぎや繁盛に殺菌などをし過ぎると減ってしまうと言われます。

お肌を守るうえで、洗顔とクレンジングを何を選ぶのかが大事です。

ご自身の肌のPHがどのような状態かを考えて、クレンジングと洗顔の種類、クレンジングと洗顔の回数、春夏秋冬肌の代謝(皮脂と油分の分泌)を考えつねに美肌を保つために年に4回(春夏秋冬)お肌の見直し期間設けてください。