ニュース

新着情報

マスクの肌荒れについて

最終更新日: 21/03/08
マスク荒れ

新型コロナウィルス、緊急事態宣言からはじまったマスク荒れ。

お肌はどんな状況なの?

これからがマスクと私たちがお付き合いしていく本番かと思います。

外せないのがマスク。肌にはどう作用しているのか?

マスクを着用していると、常時、頬にマスクが触れている状態になりますから、それが刺激になってニキビができやすくなります。

対処法としては、触れる箇所を小さくする、又は触れても刺激が少ない素材のマスク選ぶ。なんですが、実はこれだけではないんです。


実際、「マスクが触れる部分にニキビができて・・・」というご相談は、コロナ禍の中で私も何人も経験しています。

そんな中で、マスクが皮膚に与える影響について調べた研究が報告されました。
新型コロナ感染が最初に拡大した武漢からそう遠くない四川省で、まさにコロナが広がっていた2月から4月に、健常者を対象に行われた実験です。

論文はこちらになります♪(英語です)

Short-term Skin Reactions Following Use of N95 Respirators and Medical Masks
Wei Hua et al.
Contact Dermatitis. 2020 May 13;10.1111/cod.13601. on line ahead of print


測定した項目と結果と理由について

肌の潤いに関しては (10%強)上昇 : 理由として蒸気を含んだ呼気がマスクと口の間にたまるから 。こちらに関しては潤いがUPするので良いですね!

経皮水分喪失量(TEWL) (20~30%) 上昇: 肌の健常なバリア機能が損なわれていることの表れと考えられます。

肌の水分量を上昇させる為には、肌の抱え込む水分量をアップさせるセラムHYパフォーマンスセラムをご使用ください♪

商品はこちら↓↓↓

http://world-beauty-kanefuku.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000073&search=HY&sort=

紅斑(炎症による赤み)、 マスクで覆われた部分でベースライン(着用前)よりも上昇、 マスクで覆われて皮膚の温度が上昇することで血流が増えたと言えなくもないですが、マスクを外した後も紅斑がしばらく持続していて、炎症による反応 になります。

pH(0.1くらい)は統計的に有意に上昇 : 肌の健常なバリア機能が損なわれていることの表れと考えられます。

角質層のバランスが崩れていて菌が入りやすく常在菌バランスが大事になります!こちらで菌を添加してください。紅班とPHにアプローチするのはこちらになります。

商品はこちらになります↓↓↓

プロバイオセンス【お肌の水分量をアップしてくれるクリーム】通販|金福 (world-beauty-kanefuku.jp)

皮脂分泌の増加はニキビの主要な原因ですから、お客様が「マスクをしたらニキビができた」と感じる、私たちが「マスクをする人が増えたらニキビの訴えが増えた」と感じることの合理的な説明になっていると思います。
機械的刺激がニキビの悪化要因になるとはよく言われることなので、マスク着用の影響は「マスクが触れていること」くらいに思っていましたが、こうした実験結果を見せられると、それだけではないことが良く理解できました。

皮脂分泌は 皮脂分泌(50%くらい)は、マスクでカバーされた部分とカバーされていない部分の両方でベースラインよりも上昇しました。 : 皮脂分泌がマスクで覆われていない部分でも上昇している(しかも覆われている部分と上昇率があまり変わらない)のは興味深い現象ですが、

こちらの原因としては外部ストレスからの反応におけるミトコンドリアの機能低下になります!(難しくなってごめんなさい。笑。。。記入していて皆さんがわかるかな?と思いながら。。。)


ミトコンドリアの機能にアプローチできる唯一のケアはグリーンピールになります。

専門的に図でご案内する肌の反応はこちら↓↓↓↓↓

なお、ニキビ以外にも、マスク着用でかゆみを感じたり、接触性皮膚炎を発症したりも普通に起こることになりますので、また放置するとどんどんお肌が悪化しますので初めの段階でケアをすることをお勧め致します。

最後に簡単にまとめてみました!笑

肌の水分の抱え込む力をアップする、美容液と、常在菌量をアップするケア製品を使用しながら、外部からのストレス反応(ミトコンドリアの機能低下)を施術で改善する。

少し、難しくなってしまいましたが。笑。皆様のお肌が綺麗になりますように♪

グリーンピールマスク荒れキャンペーン 初回20%OFFでご案内致します。

ご予約はこちらから↓↓↓

http://airrsv.net/salon-mikado/cale

皆様の笑顔楽しみのおまちしております♪

美肌を保つ、作る為に絶対知って欲しいこと

最終更新日: 19/09/08
スキンケア

肌のPH(ペーハー)とは?

これは、液体が酸性かアルカリ性かをみる目安となる数値です。

皮脂バリアのPHを測るものです。

健康な肌はペーハーが4〜6.5くらいの弱酸性。

ですが、アルカリ石けんなどで洗うと、一時的にお肌はPH10くらいのアルカリ性に傾きます。

しかし、お肌には中和能という、もともとの弱酸性に戻る働きがあります。

健康な肌なら3時間くらいでPHが戻ると言われてます。

ところが、洗剤をよく使う人や、毎日しっかりまめに洗う人、敏感肌やニキビ、アトピー性皮膚炎などが原因で、肌の中和能の力が落ちている場合があります。

これは肌の洗いすぎや、なんらかの原因で皮脂バリアが少なくなるからです。

肌を毎日守る常在菌

皮膚常在菌とは、肌の上に住む目には見えない微細な菌のこと。

別名、皮膚定住菌。

表皮ブドウ球菌をはじめ、アクネ菌、酵母の一種などが存在します。

常在菌は害になるものではなくて、むしろ肌を守る働きがあります。健康な肌の上に多く住んでいます。

常在菌は肌を害する菌類の付着や増殖を抑えると考えられています。

また、肌の角質の水分や塩分、皮脂、細胞間皮質などを相互作用して、様々な外部の刺激から肌を守る働きがあります。

肌の上には、常在菌以外に環境や人の健康状態などによって一時的に定住する菌もいます。

これは、通過菌と呼ばれます。

この菌も健康な人の肌から検出されることが多く、広い意味では常在菌の一つとして考えられます。

通過菌は、主に大腸菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌など。

黄色ブドウ球菌は増加すると肌の炎症の悪化や、バリア機能を、低下させますが、常在菌が元気な健康な肌ではおとなしくしているそうです。

また、常在菌は、洗い過ぎや繁盛に殺菌などをし過ぎると減ってしまうと言われます。

お肌を守るうえで、洗顔とクレンジングを何を選ぶのかが大事です。

ご自身の肌のPHがどのような状態かを考えて、クレンジングと洗顔の種類、クレンジングと洗顔の回数、春夏秋冬肌の代謝(皮脂と油分の分泌)を考えつねに美肌を保つために年に4回(春夏秋冬)お肌の見直し期間設けてください。

芸能人もグリーンピール3

最終更新日: 19/09/01
東野なぎこ

東野なぎこさんが取材にいらしてくださったときのお写真です♪(2014年)

芸能人もグリーンピール2

最終更新日: 19/09/01
矢部美穂さんもグリーンピールされました

https://ameblo.jp/miho-yabe/entry-11824867570.html

矢部美穂さんがグリーンピールについてアップしてくださいました♪

大好きな矢部美穂さんのブログ♪

芸能人もグリーンピール

最終更新日: 19/05/26
グリーンピール

こんにちは❗️

ビューティーワールドジャパンにて、開催✨
グリーンピールブース❤️
トークショーが開催されました‼︎
会場は、人の嵐ラブ
そして、おぐねぇさんもグリーンピールを受けられた1人です。
 
 
 
下記。
当サロンにも、沢山の著名人がおみえになりますが、やはりタレントさんの中では凄く認知度が高いですね。(お写真おぐねえさんのインスタより)
 
当サロンはグリーンピールプレミアムサロンでもあり
グリーンピールライセンスを発行するスクールサロンでもあります。
 
2019年ビューティーワールドジャパン展示会
写真*
グリーンピールインストラクターとして展示会にて。